真面目に、役立つことを。チャレンジャー「細田木材」

「天の恵みである木材を社会の役に立てる使命」

東京駅から、最短10分もかからず到着する新木場駅は、まさに東京のお膝元。その木材問屋地帯の中に細田木材工業があります。

木のプロフェッショナルとして、どんなお声や疑問にもお応えしたいという真摯な姿勢と同時に、未開拓分野へのチャレンジ精神も持ち合わせているのが細田木材。

「木材を社会の役に立てる」という会社の信条を胸に、木が好き・ものづくりが好きなメンバーが、どこまでも真面目に、工夫したり、発想を変えたり、性能を突き詰めたり。愚直なまでに、想いや技術・人脈を活かしてきた積み重ねが、他にはない商材のラインナップにつながっています。

用途そのものも、開拓。

例えば、木のホワイトボード「きえすぎくん」。木の、ホワイトボード?? ・・・今まで全く存在していなかった「消せる」機能を木にプラスした新しい木の用途を開拓した製品です。

他にも、木に「不燃」の機能を加えは、都市部の木質化推進に貢献しています。

そんな発想が生まれるのも、「社会の役に立つ」という大きな信条を持って、真面目に取り組んでいるから。これからも、細田木材は、真面目に、とびきりの発想で、木に付加価値を与えるチャレンジを続けていきます!

担当者:小川 晃(おがわ あきら)

細田木材工業株式会社 木製インテリア事業部 取締役部長

担当者:勅使川原 敦(てしがわら あつし)

細田木材工業株式会社 生産本部 取締役統括部長

取扱商品

木のホワイトボード